任意売却と競売の違いって、よく分からないですよね。

このページではその違いとどちらにメリットがあるのかについてご案内しています。

任意売却とは?競売とは?わかりやすく解説!

任意売却とは

まず任意売却について。

住宅ローンの返済が出来なくなった場合、不動産を売却して残ローンに充てる必要が出てきます。

簡単に言うと、「自分で不動産を売却する手法」のことを、「任意売却」と呼びます。

続いて競売について。

こちらも同じく不動産売却の手段のひとつです。

「裁判所主導で強制的に不動産を売却する手法」のことを、「競売」と呼びます。

どちらを選ぶべき?任意売却と競売の違いを徹底解説!

違いは

違い①:強制力があるかどうか
違い②:プライバシーがあるかどうか
違い③:不動産がいくらで売れるか

1つずつ解説していきましょう。

違い①:強制力があるかどうか

違い①の、「強制力があるかどうか」について。

冒頭でも触れた通り、任意売却の場合は自分で不動産を売りに出します。

銀行などお金を貸してくれた債権者や、実際に不動産情報を市場に出す不動産業者の協力は不可欠ですが、自分の意志で行う、というのが肝ですね。

違い②:プライバシーがあるかどうか

一方で競売は、本人の意思に関係なく強制的に行われます。

裁判所からの通知が届いたらすぐに不動産鑑定士などが出入りし、自宅の調査を始めます。

本人が拒否しても、まだまだ住むつもりであったとしても、問答無用で始まってしまいます。

ご近所の方にも分かりやすく、経済事情が筒抜けになってしまうリスクがありますね。

違い③:不動産がいくらで売れるか

違い③の、「不動産がいくらで売れるか」ということについて。

任意売却と競売とでは、同じ不動産でも売却金額の相場が異なります。

不動産を売るならなるべく高く買い取ってほしいですよね。

でも、どちらの売却手法を取るかによって、金額に大分差がついてしまうということもあり得るんです。