任意売却に至るまでの流れをステップ式で解説していきましょう。

ステップ①:住宅ローンの督促が届く
ステップ②:物件の査定
ステップ③:債権者と交渉
ステップ④:販売開始、購入者決定
ステップ⑤:債権者の同意を得る
ステップ⑥:売買契約し、新生活へ

ステップ①:住宅ローンの督促が届く

督促が届く

任意売却を行う際は、ローンの滞納歴が必要です。

滞納せず支払える環境にある人が任意売却をすることは出来ない、ということですね。

督促状や、競売開始決定通知書など、自宅に届いた書類をまずは確認してみましょう。

ステップ②:物件の査定

査定

今の家が、市場でどれくらいの価値があり、どれくらいの価格がつきそうかを調べます。

不動産会社に依頼し、見積もってもらうケースが大半です。

ステップ③:債権者との交渉

交渉

任意売却は、債権者の同意がないと手続きに踏み切ることができません。

不動産を売却して、どうにか残ローンに充てられる資金を作ります、と相談をしにいくということですね。

場合によっては、不動産会社が仲介に入ってくれることもあります。

ステップ④:販売開始、購入者決定

販売開始

無事債権者との交渉が出来た場合、早速不動産を売りに出します。

こちらの希望価格と相手の希望価格で折り合いをつけ、無事に買い手が決まったら次のステップへ進みます。

ここは一般の中古不動産売買とあまり変わりありません。

ステップ⑤:債権者の同意を得る

同意を得る

最終的にいくらで不動産が売れるのか、残ローンにいくら充てられるのか、という具体的な金額の話をします。

それでもローンが残ってしまう場合、分割返済出来るのかという話もここですることが多いです。

ステップ⑥:売買契約し、新生活へ

売買契約

自分、債権者、購入者、全員の合意が取れたら契約を締結し、清算します。

新しい家に移り住む必要があるので、これらの作業をしながら新居を見つける必要もありますね。

引っ越しをし、新生活のスタートです!

やることが多く大変ですが、上手に専門家に相談しつつ、

納得のいく形で売却ができるといいですね!